FACEBOOKブログ購読

つじむら歯科医院  歯科コラムつじむら歯科医院 歯科コラム

つじむら歯科医院の 歯科コラムです。

口臭の原因は? 口臭epi.2

2017年9月 4日 14:33

こんにちは!副院長の穴澤です。

それでは口臭の原因を知るために、まず重要な唾液のことをお話していきます!

 

口臭を防ぐために重要なのは「唾液」です!

口臭の原因の大部分は、お口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。唾液にはお口の中の洗浄・殺菌作用があり、揮

発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制するので口臭を予防する効果があります。また、お口の中が唾液で潤っていると、口臭の原因

である揮発性ガスが放散するのを唾液が防いでくれるので口臭が抑えられます。

 

どんな時に唾液の量が少なくなる(=口臭がきつくなる)の?

皆さんは朝起きたときに「口が臭うな~」と思ったことはありませんか?これは、寝ている間は唾液の出る量がガクッと少なくなるため

に起きる現象なのです。その他にも、

1.疲れていたり体調不良の時。

2.ストレスを感じている時。

3.緊張している時。

4.薬の副作用。抗精神病薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、メチルドパ、鎮静薬、利尿薬

5.加齢。(唾液腺という組織が萎縮し、唾液の出る量が減ります)

6.口呼吸。(鼻炎で鼻が詰まっている人や、歯並びの悪い人に多く見られます)

7. 水分の摂取量が少ない時。

8.唾液腺が腫れた時。結石、おたふくかぜ、ある種の細菌感染、シェーグレン症候群、エイズ、糖尿病、サルコイドーシス、腫瘍

9.唾液腺の機能障害を起こす病気にかかっている時。

パーキンソン病、慢性の痛み、HIV感染症、うつ病、シェーグレン症候群、甲状腺の病気

10癌治療時。化学療法や、頭部や頸部への放射線照射後(放射線照射量が大量に場合には唾液分泌の低下は一生つ

づきます。)などでも唾液の量が減るので、口臭が強くなってしまいます。

 

まずは、「揮発性ガス」を産生する細菌を減らしましょう!

口臭の原因の大部分は、お口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。お口の中が不衛生だと細菌の数が多くなり、産生される「揮発性ガス」の量も多くなるため口臭が強くなります。対策としてはもちろん歯を磨くことですが、むやみやたらに何回も歯を磨いても口臭を予防することは出来ません。

揮発性硫黄混合物(VSC)は臭いの原因となるだけではなくそれ自体で生体毒性を有します。歯周組織に対しダメージを与える作用(コラーゲンの合成阻害など)が明らかにされています。従ってVSCは健康な口腔内を持っている人にとっても歯周病を誘発する因子となり、すでに歯周病に罹患している人にとってはさらなる歯周病の増悪因子となってしまうのです。

次回は口臭の検査やさらなる解決策などを取り上げる予定です!!

epi.3をお楽しみ!!!

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

夏期休暇のお知らせ

2017年7月28日 14:55

今年の夏期休暇に関してお知らせし致します。

8月13(日)〜15日(火)

の3日間終日休診とさせていただきます。

なお、担当歯科医師・衛生士に関してはシフト制となっておりますので、お電話にてご確認の上ご来院ください。

つじむら歯科医院

口臭の原因て? epi.Ⅰ

2017年7月20日 09:10

こんにちは!

つじむら歯科医院 副院長の穴澤です。

今日はもっとも皆様の身近であると言える「口臭」に関してお話ししていきたいと思います。

「自分の口臭が気になる!」「朝起きた時に不快感がある!」「家族や友人から口が臭いと言われた。」など日常の生活の中でストレスを感じる方も多いのではないでしょうか?

「口臭」に関して第1回目は「口臭ってなに?」というところから始めていきたいと思います!

口臭は特別ではなく、生きている人ならば誰しも少なからずあるものです。ここでは口臭について詳しく説明させて頂いておりますので、この機会に口臭に対する正しい知識と対策を身に付けて、「さわやかな息」を手に入れてみてはいかがでしょうか?

口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」が特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえます。

また、実際には口臭が無いのに、本人が気にしすぎるために口臭があると感じてしまう「自臭症」も、自分には口臭があると思っている人の約3割は、自臭症だと言われています。

例えば、アルコールやコーヒー、タバコなども口臭の原因となることがあります。肝臓病、糖尿病にも特有な匂いがあります。まずは口臭の原因と対策について、正しい知識を身に付けましょう。

それでは第2回「口臭の予防には?」をお楽しみにお待ちください!

'皆口の中から全身の健康を考える'

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

 

根の治療後のコア(土台)に関して

2017年2月28日 10:28

こんにちは

副院長の穴澤です!!

今回は根管治療、そしてその後「歯がどうなっていくか?」についてお話させていただきます。

皆さんはよく歯科医院で治療した人が「今日、虫歯大きくて神経とったよ~」なんて言っているのを聞いたことがあると思います。

これを根管治療と呼び、この治療は「歯髄」といわれる歯の核となっている部分を治療するものです。「歯髄」とは歯の足の部分である歯根の中核の根管を通っており、この中には神経は勿論のこと他にも血管などが含まれ、歯に栄養を送る役割を担う重要な器官です。

これが無くなってしまうということはへの栄養供給がストップするということになります。健康に歯髄が残っている歯を「有髄歯」、根管治療を受け歯髄が無くなった歯を「無髄歯」といいます。

 

「無髄歯」は栄養供給源が絶たれるため歯自体の性質は脆くなってしまいます。そのため脆くなった歯質を補うため根の治療後の「根管」にポストをたて、俗に言われ「さし歯」の状態にします。このポスト部分をコア(土台)にしてその上から被せものをして治療が終了になります。

《根の治療の流れ》

20170228113958-cbf509504282518f197360706cb97d0e65907dc8.png

ただ,,ここで1つリスクがあります。最近コア(土台)の過度な負担によって「歯根破折」と言われる症状が増えてきています。(特につじむら歯科医院では予防に力を入れているため抜歯のほとんどの原因がこの破折になります。)

これは文字通り歯根が割れてしまうというもので土台によって引き起こされたほとんどの歯根破折は抜歯を余儀なくされてしまいます。

 

従来の治療法ではポストにメタルを使用しているため強い噛み合わせ加重があった場合にそのポストに応力が集中し歯根破折を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

これを防止するため現在の最新歯科医療ではこのポストの材料にグラスファイバーを用いることにより破折の確率を限りなく低くすることが可能になっています。グラスファイバーは強度・アレルギーの面で優れ、前歯部においては歯ぐきの変色を防ぐメリットもあります。しかし最大のメリットは弾性力に富んでいる為歯にかかる力を緩和できることにあり、とても歯に優しいものです。

 

さらにメタルと違い歯面処理を行うことによって直接歯に接着することもでき不要な境界線を作りません。レントゲンを撮影すれば土台に何の材料が使用されているのか?

どれぐらいの太さ・長さでポストが形成されているかなどすぐにわかりますので検査してみるのも良いかもしれません。

他にもまだまだ最新歯科治療に関しては尽きることはありませんが今回はこの辺にしましてまた次回のブログにてお会いしましょう!!

 

皆様がより健康になりますように!

〜口腔の健康がら全身の健康を〜

副院長 穴澤順之進 

臨時休診のお知らせ

2017年2月21日 11:16

臨時休診のお知らせ

2月23日木曜日は医院研修会のため休診とさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。

つじむら歯科医院

年末年始の休診のお知らせ

2016年12月22日 10:10

年末年始の休診のお知らせ

年末年始の休診日は

12月30日〜1月3日までとなっております。

尚、担当歯科医師・衛生士に関しては休診日が個人によって異なっていますので、

医院までお問い合わせいただければと思います。

0463-95-8214

ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

来年も皆様と健康でお会いできる日を楽しみにしております。

良いお年をお過ごしください。

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

お口の中の悩み「口臭」に関して

2016年12月 3日 12:23

こんにちは

またまた登場!副院長の穴澤です。

今日は悩み相談にも多い「口臭」に関して取り上げていきたいと思います!!

   

口臭とは?

口臭は特別ではなく、生きている人ならば誰しも少なからずあるものです。ここでは口臭について詳しく説明させて頂いておりますので、この機会に口臭に対する正しい知識と対策を身に付けて、

「さわやかな息」を手に入れてみてはいかがでしょうか?

口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」が特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえます。

また、実際には口臭が無いのに、本人が気にしすぎるために口臭があると感じてしまう「自臭症」も、自分には口臭があると思っている人の約3割は、自臭症だと言われています。

例えば、アルコールやコーヒー、タバコなども口臭の原因となることがあります。肝臓病、糖尿病にも特有な匂いがあります。まずは口臭の原因と対策について、正しい知識を身に付けましょう。

 

☆口臭を防ぐために重要なのは「唾液」です!

口臭の原因の大部分は、お口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

唾液にはお口の中の洗浄・殺菌作用があり、揮発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制するので口臭を予防する効果があります。

また、お口の中が唾液で潤っていると、口臭の原因 である揮発性ガスが放散するのを唾液が防いでくれるので口臭が抑えられます。

☆どんな時に唾液の量が少なくなる(=口臭がきつくなる)の?

皆さんは朝起きたときに「口が臭うな~」と思ったことはありませんか?これは、寝ている間は唾液の出る量がガクッと少なくなるために起きる現象なのです。その他にも、

 1.疲れていたり体調不良の時。

 2.ストレスを感じている時。

 3.緊張している時。

 4.薬の副作用。抗精神病薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、メチルドパ、鎮静薬、利尿薬

5.加齢。(唾液腺という組織が萎縮し、唾液の出る量が減ります)

6.口呼吸。(鼻炎で鼻が詰まっている人や、歯並びの悪い人に多く見られます)

7. 水分の摂取量が少ない時。 

8.唾液腺が腫れた時。結石、おたふくかぜ、ある種の細菌感染、シェーグレン症候群、エイズ、糖尿病、サルコイドーシス、腫瘍

9.唾液腺の機能障害を起こす病気にかかっている時。

パーキンソン病、慢性の痛み、HIV感染症、うつ病、シェーグレン症候群、甲状腺の病気

10.癌治療時。化学療法や、頭部や頸部への放射線照射後(放射線照射量が大量に場合には唾液分泌の低下は一生つづきます。)などでも唾液の量が減るので、口臭がきつくなってしまいます。

☆まずは、「揮発性ガス」を産生する細菌を減らしましょう!

口臭の原因の大部分は、お口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

お口の中が不衛生だと細菌の数が多くなり、産生される「揮発性ガス」の量も多くなるため口臭がきつくなります。

対策としてはもちろん歯を磨くことですが、むやみやたらに何回も歯を磨いても口臭を予防することは出来ません。

揮発性硫黄混合物(VSC)は臭いの原因となるだけではなくそれ自体で生体毒性を有します。歯周組織に対しダメージを与える作用(コラーゲンの合成阻害など)が明らかにされています。

従ってVSCは健康な口腔内を持っている人にとっても歯周病を誘発する因子となり、すでに歯周病に罹患している人にとってはさらなる歯周病の増悪因子となります。

口臭を発生させるのは嫌気性菌です。

酸素が少なくなるほど活発に活動し「揮発性硫黄化合物」という原因物質を発生させます。

酸素が少ない状態とは唾液の分泌が低下して、お口の中が乾燥した状態で起こります。

そしてこの原因物質は直ちに唾液に溶け、口の中が苦くなっていきます。お口の中が乾燥し、ネバネバしてきたら要注意です。

唾液には口腔内をきれいにする「自浄作用」があります。唾液の分泌量が低下すると菌が増殖し、口臭を起こしやすい状態となります。

 20161203131504-8df1d8b5f1c93a22aa1bdb057a7f771920995ed0.png                               

硫化水素・・・ 最も多く検出され、生理的口臭の原因となります。

メチルメルカプタン・・・歯周病により大量に発生します。

ジメチルサルファイド・・歯周病が進行するとともに量が増していきます。

当クリニックでは、トータルヘルスプログラムによりお口の中の悪玉菌をコントロールし善玉菌を定着させるプログラムでより良い環境を作ることができます。

お困りの方はまず検査から!!

お待ちしております( ^∀^)

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

  

 

 

歯の根の治療に関して

2016年10月14日 09:49

こんにちは!

副院長の穴澤です。

今回は少しややこしい「歯の根の治療」について簡単に取り上げていきたいと思います^ ^

 

歯科医院で治療した人が「今日、虫歯大きくて神経とったよ~」なんて言っているのを聞いたことがあると思います。この治療のことを「抜髄」と呼び、この治療は「歯髄」といわれる歯の核となっている部分を治療するものです。

 

「歯髄」とは歯の足の部分である歯根の中核の根管を通っており、この中には神経は勿論のこと他にも血管などが含まれ、歯に栄養を送る役割を担う重要な器官です。

 

「歯髄」が無くなるということは歯への栄養供給がストップするということになり歯の寿命は短くなってしまいます。

健康に歯髄が残っている歯を「有髄歯」根管治療を受け歯髄が無くなった歯を「無髄歯」といいます。「無髄歯」は栄養供給源が絶たれるため歯自体の性質は脆くなってしまいます。

 

「無髄歯」に根の病気で再発して根の治療を行うことを「感染根管治療」と呼びます。また根の治療のことを総称して「根管治療」といい、まとめると

「有髄歯」の時は「抜髄」

「無髄歯」のときは「感染根管治療」

となるわけです。

厳密に行なっている治療はまったく変わって来ますので、似て非なるものということですね。

治療経過に戻りますが、根の中が綺麗になったあとは「根管充填」という治療に進み歯髄のあった管の中を「ガッタパーチャ」と呼ばれる樹脂で封鎖して行く治療に進みます。

そしてその後土台を立てて歯を人工物により再構成していきます。

また現在当医院では根の治療をより正確に精密に行う「T.E.S」と呼ばれる

精密根管治療も行っています。これは特殊な器具や薬品、さらには顕微鏡などを用いることによって従来よりも高品質の根の治療が提供できる仕組みとなっております

この時脆くなった歯質を補うため根管にポストをたて、俗に言われる「さし歯」の状態にします。このポスト部分を土台にしてその上から被せものをして治療が終了になります。

20161014095733-7c874788d1f7775238c6e1158fd17cdf4cd3c002.png

 

 

 

ただ,,ここで1つリスクがあります。最近は土台の過度な負担によって「歯根破折」と言われる症状が増えてきています。これは文字通り歯根が割れてしまうというもので土台によって引き起こされたほとんどの歯根破折は抜歯を余儀なくされてしまいます。

 

X4844-2014_03_18_18_18_50-3.jpg

 

 

 

 

 

 

↑左の歯に黒い縦線が見えるところが、破折線です

これを防止するために現在は上質なファイバーポストと呼ばれるものを使って「力の分散」を行い、破折リスクの軽減をすることが重要であると考えています。

本日はややこしい歯の根の治療について取り上げてみましたが、

お分りいただけましたでしょうか?

それではまたの機会にお会いしましょう

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

 

 

 

 

臨時休診のお知らせ

2016年10月 4日 12:43

誠に申し訳ございませんが、院外研修のため

10月13日(木)

は終日休診とさせていただきます。

大変ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願い致します。

歯ぎしり・噛み壊しって?

2016年9月16日 10:00

こんにちは

つじむら歯科医院 副院長の穴澤です!

噛み壊しって何?・・・と思われる方がほとんどだと思います。

日本の普通の歯科医院での抜歯の原因はむし歯と歯周病です。ところが予防メンテナンスが進んでいる北欧諸国では、違うのです!!

主な抜歯の理由が歯周病やむし歯から破折に移っているのです。

予防メンテナンスが定着した、つじむら歯科医院でも7年ほど前から抜歯の原因第1位は破折なのです。

この破折は言葉の通り歯が折れる・割れることで、神経を失った歯(失活歯)に高頻度に発生します。

20160916120803-a9cba8db42516259e5761d895b19a930763ac708.png

 

つじむら歯科医院のトータルヘルスプログラムを受けられた方はすでに感じられると思いますが、歯周病で歯が抜けることはこれから先、考えられませんよね!また予防メンテナンスを受けられている方はむし歯で歯が崩壊し抜歯まで至ることは考えられないことと思います。

つまりむし歯と歯周病の感染症を食い止めことができている、北欧諸国と、つじむら歯科医院に通われている患者さんには上記2大疾患が無くなった結果として破折が抜歯全体の割合として優位になり、現在最も注意するべき問題となっているのです。

 

(当院での抜歯総数は他歯科医院の5分の1以下にすぎません)この破折の原因のほとんどが失活歯の噛み壊しです。

当院で予防メンテナンスを受けられている患者さんが抜歯となる原因のうち噛み壊しがなんと抜歯全体の9割を超えているのです。それではこの噛み壊しを防ぐ4つの対策を提案します。

ご自身の失活歯の部位を知り、食事やくいしばりの際に大きな力がかかる事を避ける必要があります。失活歯に冠を被せる際には破折を防ぐために金属の硬い土台ではなく、土台に柔軟性のソフトなコアを使用することをお勧めします。

例 もともとはブリッジの入っていた歯です。この段階でも左から2番目の土台となっている歯に小さいクラック(ヒビ)がみられます。

X4844-2014_03_07_17_12_22-3.jpg

 

 

 

 

 

二枚目のレントゲンでは歯のなかったところにインプラントしたとに撮ったレントゲンでは縦に完全な亀裂が確認できます。

X4844-2014_03_18_18_18_50-3.jpg

 

 

 

 

 

 

このようにブリッジなどが入っている方の場合が噛み壊しの可能性がさらに増してしまいます。

ですので定期的な検査が必要ですし、お傷みの際はなるべく早めにご相談ください。

また奥歯に失活歯が多く存在する方には夜間の歯ぎしりや食いしばりによる噛み壊しを防ぐためにナイトガード(スプリント)を作られることも必要かも知れません。

定期予防メンテナンスの年に1回の検査時に噛み合わせのチェックを受けるようにしてください。これからは歯周病予防、むし歯予防に次ぐ第3の予防『噛み壊し予防』に力をいれましょう。

生涯健康な自分の歯で食生活ができるように、つじむら歯科医院は常に全力であなたの歯をサポートします。

何かありましたらお気軽にお問い合わせください

つじむら歯科医院

副院長 穴澤順之進

                     

 

1