FACEBOOKブログ購読

インビザライン

~ 歯列矯正治療もアナログからデジタルの時代に ~

見えないスマイル矯正:インビザライン

invisalign

nvisalign system(インビザラインシステム)とは米国アライン・テクノロジー社製の全世界で使用されている透明な「マウスピース」を用いた矯正治療です。

全世界で140万人以上の患者さんが受けられており、信頼性も高く、金属のワイヤーを使用しないため、見た目が自然で矯正装置をつけていることが目立ちません。

また一般的な矯正治療に比べ普段と同じように食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどないと言われています。

「ワイヤーがあたって痛い」といったことがないため、通院いただく回数も最低限におさえられます。


インビザラインの概要

着脱可能な透明のマウスピース(「アライナー」と呼ばれる)を用いて矯正を行う方法である。「クリンチェック」と呼ばれる3次元シミュレーションソフトを通じ、コンピュータ画面上で歯科医師が治療計画を策定し療完了に至るまでのアライナーの必要個数、形状が決定され、治療開始前にすべてのアライナーが一度に製造され点に独自性があります。

1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発、世界の主要各国にて提供されており、これまでに全世界で140万人を超える患者が治療を受けられている。日本では、2006年2月に本格提供が開始されました。

インビザラインシステムの特徴

1. 痛みが少ない

インビザラインシステムの特徴

インビザラインは今までの矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。

その理由の1つとして、インビザラインでは1つのマウスピースで歯の移動できる範囲が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。 またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。

2. 取り外しができる

矯正装置がお口の中に入ることによってむし歯や歯周病のリスクが上がってしまうと一般的にいわれています。せっかく歯並びを治しても、むし歯になってしまったのではとても残念です。

インビザラインは取り外した状態でお口の中のケアをすることができますので、とても衛生的です。またインビザラインの装置自体も簡単に洗浄することができます。

3. 透明で目立たない

「笑った時に金属の矯正装置が見えるのがちょっと・・・」そうおっしゃられる方にインビザラインはとてもおすすめです。インビザラインは薄く透明な装置ですので装着している時もより自然な印象です。

つじむら歯科医院ではトータルヘルスプログラムで口腔内環境を整えた上での矯正治療をご提案しています。歯科医師と共に担当の歯科衛生士が定期的な予防メンテナンスを行い、術前・術中・術後と、しっかりサポート致します。


インビザラインの使用方法

厚さ0.5mm程度の透明なマウスピースを一日20時間以上口腔内に装着し、2週間ごとに新しいマウスピース(アライナー)に交換して頂きます。

インビザラインの利点

  • 透明感があり、装着していても目立たない。
  • 食事中には矯正器具を外して自由に食事をすることができる。
  • 器具を外して清掃できるため口腔内を清潔に保ちやすい。
  • クリンチェックの3Dアニメーション動画で、計画された歯の移動を患者様自身も確認することができ、治療に対するモチベーション向上につながる。
  • 器具が透明なため審美的に優れる。
  • コンピュータ上の3Dシミュレーションを通じ、歯の移動や治療計画を視覚化できる。
  • アライナーを利用して矯正と同時にホワイトニング(歯牙漂白)を行うことができる。

アライナーの作製方法(手順)

一つのアライナーで0.25mm歯を動かすことができるように予め設定されています。印象(型取り)や口腔内写真・顔貌写真、治療計画書等の患者記録をアメリカにあるアライン・テクノロジー本社技工所にオンライン送信、郵送等で送ります。

そしてインターネットでの双方向なやり取りを通じてコンピュータ上で歯を理想的な位置に動かし、独自のCAD/CAM(光造形)技術で、最大0.25mm動かす毎に一つずつ、治療完了までのすべてのアライナーを作成します。

当院のインビザラインと他社のマウスピース型矯正装置との違い

インビザラインの他にも、マウスピース型の矯正装置は数種類あります。 他の装置とインビザラインの最大の違いは、患者様の歯形をCTスキャニングすることによって、三次元的に治療経過を組み立てることができる点です。他のマウスピース型装置で行われる、個々の技工士の手作業により歯形を組み立って行く方式に比べて、遥かに正確で再現性の高いシステムなのです。

さらに、他のマウスピース型装置では、来院のごとに歯形を取る必要があるのに対し、つじむら歯科医院が提供しているインビザラインでは歯形の採得は初回のみ(術中の再製作時を除く)です。不快な歯形を取る作業が一度のみというのは、患者様にとっても大変に快適だと好評を頂いております。現在メンテナンスにいらしている県外や遠方から来院している方や、海外出張の多い患者様、海外在住の方の多くがインビザラインを選ばれています。

一方、インビザラインによる矯正では、開始時のドクターの診断技術がとても重要になりますが、この診断技術が確実なものであれば、患者様がご自宅で定期的にマウスピースを交換して頂くことで安定的に治療を進めることができます。診療に関わる患者様のストレスを飛躍的に減らす事ができます。

下記に示す通り、従来の歯牙模型の歯を分解しワックスで固めていた時代と比較して、各段に精度の高い設計と治療予測、治療説術が可能となりました。

インビザラインの設計(デジタル)
インビザラインシステムの特徴
他のマウスピースの設計(アナログ)
インビザラインシステムの特徴

最後に歯列矯正の意義

歯並びは人格を表現する』日本ではあまりなじみの無いこの言葉も、アメリカ、ヨーロッパをはじめ世界の先進国では当たり前の様に認識され、社会人になる前に歯列矯正を行う事ワールドスタンダードとされる時代に入って来ました。

日本においても少しづつ矯正人口は増えては来ているものの、矯正のイメージは痛い、見た目が悪い、食事や会話が長期間に渡り不自由になる、との明確な理由から矯正治療を選択されない多くの方を当院においてもカウンセリングしてまいりました。

また矯正治療が終わってみると、成人になられてから矯正を始めた方々には、歯は確かに綺麗に並んでいるものの、歯茎が下がった、物が詰まりやすいなど、意外に歯列以外の不都合を生じたり、矯正治療中に、むし歯が出来て、歯を削らなければならなかった、など、とても残念な言葉を外では耳にすることがあります。

つじむら歯科医院における矯正治療システムでは、口腔内のあらゆる疾患の原因(むし歯の原因、歯周病の原因)をトータルヘルスプログラムを通し確実に取り除き、担当歯科衛生士による予防メンテナンス管理の元、安心して矯正治療に専念頂ける体制を整えております。

さらにこのインビザラインシステムにより、上記の痛い、見た目が悪い、食事がしづらい、会話が上手く出来ないなどの、不都合をほぼすべて解消する事ができるようになりました。

今までの矯正治療に期待を持てなかった方、とにかく審美を追求したい方、日常生活の質を維持したまま綺麗な歯列を獲得したい方、周りの人に気づかれずに歯並びを綺麗にしたい方、などなど、まずは一度、つじむら歯科医院へお問い合わせください。

きっと貴方に合わせた、新しい矯正治療のあり方を提案させて頂きます!

  • 地図(アクセス)&診療時間のご案内
  • 徹底感染予防対策
  • クライアント・メッセージ
  • 各種クラブのご案内
  • 歯科医師・歯科衛生士・臨床心理士 求人
  • 各種資料請求のご案内

スマイルラインシステム(Smile Line System)

TSUJIMURA OFFICIAL BLOGS

つじむら歯科医院公式BLOG

スマイルライン矯正日記

診療時間・医院情報

〒259-1122
神奈川県伊勢原市小稲葉2204-1
TEL :
※ 駐車場完備(最大23台)

詳しいアクセス

TSUJIMURA DC MOBILE SITE

facebookページ
facebookページ

TSUJIMURA LINKS

湘南メディカルパートナー

スタッフ採用情報 特設専用サイト

ハートフルスマイル デンタルクリニック

スルガ銀行のデンタルローン